月桃ハーブチンキ手作りキット『月のしずく』

販売価格 8,800円(税800円)
商品番号 chinki
  • 特定商取引法に基づく表記(返品等)
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる
  • 買い物を続ける



    世界にひとつ。あなただけの月桃ハーブチンキを手作り
    蒼く澄んだ美しい海に囲まれ、
    大自然が育んだ加計呂麻島の
    天然の月桃から生まれた『月のしずく』
    月桃に秘められた力は…
    毎日、愛情を込めて軽く振ることで、
    少しずつ育くまれ、
    あなただけの月桃チンキに生まれ変わります。
    天然の恵みは、
    奄美の黒糖焼酎で引き出され、
    ゆっくり時間を重ねていく中で
    自分好みの香りを楽しみ、
    芳醇な香りの中にハッ!とする気づきを得て、
    一滴に込められた月桃の癒しを
    大切な人たちと分かち合う…
    時間をかけて出来上がる
    「月のしずく」には、
    きっと…
    あなたをより素敵に変える力がある。
    そんな願いを込めてお届けします。

    日月星草 水谷里佳


    奄美大島の離島かけろま島産の“天然の月桃”と奄美でしか作ることが出来ない黒糖焼酎からハーブチンキ用に選んだ“天下無双”を組み合わせ、ご自宅で「島ハーブのチンキ」を手作り出来るキットです。

    かけろま島から島ハーブの魅力を伝えている日月星草[ひつきほしくさ]と黒糖焼酎コンシェルジュの居る瀬戸内酒販のコラボレーションから生まれました。

    ハーブチンキとは、ハーブの有効成分をアルコール抽出したモノで、ハーブの薬効成分を効率よく、体内に取り入れるための知恵です。

    ヨーロッパでは古くから修道院などで薬として利用されてきた歴史があります。身近なところでは梅酒と同じですね。

    チンキは、ホワイトリカーや精製水で薄めた無水エタノールなどで作ることが一般的なのですが、黒糖焼酎はアルコール度数35度以上のモノが多くあり、奄美の美味しい黒糖焼酎と月桃を合わせたらより魅力的になるのでは?と思いつき、

    地元の黒糖焼酎専門家の瀬戸内酒販さんにご協力頂き、月桃と合う黒糖焼酎の銘柄を見つける試作から始まり、葉・茎・実の組み合わせ比率・量などを実験、最終選考に残った候補は、実際にモニターの方々に依頼して、使って頂き、貴重な声を頂いて、出来上がったのです。

    ■ご協力を頂きました試作品モニターの方々の声はコチラ。
    <リンク先>https://hitsukihoshikusa.com/2020/06/05/report01/

    ■月桃ハーブチンキ「月のしずく」の作り方 
    <リンク先>https://hitsukihoshikusa.com/?p=526
    ■月桃ハーブチンキ「月のしずく」の使い方 
    <リンク先>https://hitsukihoshikusa.com/?p=529
    ■長寿奄美の黒糖焼酎とは?
    <リンク先>https://hitsukihoshikusa.com/?p=506
    ■月桃に秘められた力とは??
    <リンク先>https://hitsukihoshikusa.com/?p=504


    商品名:月桃ハーブチンキ手作りキット『月のしずく』

    【内容一覧】
    ・ドライ月桃〈葉・茎・実:45g〉
    ・黒糖焼酎「天下無双」500ml(1本)
    ・ガラス保存瓶 700ml(1本)
    ・ガラス遮光瓶 30ml(1本)
    ・スプレーボトル 30ml(1本)
    ・スポイト30ml(1本)

    価格:8,000円+消費税
    送料:別途

    販売:合資会社瀬戸内酒販
    企画:日月星草 by 株式会社9star.jp

    注1)当商品は、ご購入者自身で自作することを目的とした手作りキットです。
    自作されたチンキにつきましては、不利益や不都合が生じましても一切責任を負いかねますのでご了承ください。

    注2)当商品で自作されたハーブチンキは、アルコールを含みますので妊娠中の方や未成年者の飲用は、お控えください。

    注3)当商品で自作されたハーブチンキは、アルコールを含みますので運転中および運転をされる前にはお飲みにならないようご注意ください。

    注4)当商品で自作されたハーブチンキをボトルに入れて、友達などと無償で分かち合ったり、プレゼントするのは問題ありませんが、販売すると酒税法違反となりますので、ご注意ください。

    注5)当商品で自作されたハーブチンキは、税務署に酒税法の特例処置の開始申告書を提出することで旅館や飲食店の店内用メニューとして販売することができます。詳しくは、お近くの税務署にご相談ください。